トップページへ 外来のご案内 入院のご案内 交通アクセス 駐車場
家庭医療  
家庭医療とは
 「家庭医療」とは、どのような問題にもすぐに対応し、家族と地域の広がりの中で、疾患の背景にある問題を重視しながら、病気を持つひとを人間として理解し、からだとこころをバランスよくケアし、利用者との継続したパートナーシップを築き、そのケアに関わる多くの人と協力して、地域の健康ネットワークを創り、十分な説明と情報の提供を行うことに責任を持つ、家庭医によって提供される、医療サービスです。
(家庭医療 〜家庭医をめざす人・家庭医と働く人のために〜 葛西龍樹著 ライフメディコム社より)
患者中心の医療の方法
出典(著者)
患者中心の医療の方法 Patient-centered Medicine: Transforming the Clinical Method (Patient-Centered Care Series) Moira Stewart,
Judith Belle Brown, W. Wayne Weston, Ian R. McWhinney 著 Radcliffe Medical Press, 2003(第2版), ISBN-10: 1857759818 2003

 よくトレーニングされた「家庭医」は、健康問題や病気の約8割を占める「日常よく遭遇する状態」を適切にケアすることができ、各科専門医やケアに関わる人々と連携し、患者の気持ち、家族の事情、地域の特性を考慮した、エビデンスに基づく「患者中心の医療」を実践できる能力を有するといわれていますが、日本では「家庭医」養成のための教育システムが未だ確立されていません。しかし、医師偏在・医師不足が社会問題となっている現在の地域医療において「家庭医」の役割が注目されつつあります。
当院における家庭医療への取り組み
@ 家庭医療セミナーinいわき「実践家庭医塾」
 福島県立医科大学 医学部 地域・家庭医療学講座では、 すでに地域で医療を実践している先生方を対象とした家庭医療生涯教育プログラム「実践家庭医塾」の開講を準備しています。現在、その試行プロジェクトとして、「家庭医療セミナー」を月1回開催しています。興味のある方はぜひ御参加下さい。
開催日
時間
場所
平成26年5月15日(木)
19時00分〜20時00分

かしま病院コミュニティーホール

(JPEG画像:90.5KB) ※別窓で開きます
平成26年6月19日(木)
 
参加お申し込み先:社団医療法人養生会 かしま病院 「地域医療連携室」 担当:井沢(いざわ)
Email: k-izawa@kashima.jp /TEL: 0246-76-0350 / FAX: 0246-76-0352

A 福島県立医科大学 医学部 地域・家庭医療学講座 後期研修協力病院
 日本家庭医療学会認定専門医コースとして、2008年度から後期研修医の受け入れを開始しており、福島県立医科大学 医学部 地域・家庭医療学講座教官が 直接外来指導、評価とフィードバックを実施しています。
 山海の幸豊かないわきで、家庭医としての第一歩を踏み出してみませんか。施設見学も随時受け付けています。

問い合わせ先:社団医療法人養生会 かしま病院 「地域医療連携室」 担当:井沢(いざわ)
Email: k-izawa@kashima.jp /TEL: 0246-76-0350 / FAX: 0246-76-0352

後期研修に関して詳しくは、福島県立医科大学 医学部 地域・家庭医療学講座ホームページを御参照ください
http://www.fmu.ac.jp/home/comfam/

イラスト:福島県立医科大学 地域・家庭医療部ホームページより抜粋加工
このページの先頭へ戻る
戻る