トップページへ 外来のご案内 入院のご案内 交通アクセス 駐車場
部署紹介リハビリテーション部>理 学 療 法
リハビリTOP
カテゴリー
リハビリとは
理学療法
作業療法
言語聴覚療法
部 署
一般病棟
回復期リハ病棟
通所リハ
訪問リハ
その他
当院リハの取組み
リハビリPOST
Q&A
リクルート
就職希望の方へ
職員について
先輩からの声
Q&A(就職)
理 学 療 法

 理学療法とは立つ、歩くといった基本的な動作に対するリハビリテーションです。病気やケガ、高齢や障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に、運動、温熱、電気などといった物理的手段を用いて治療を行います。

 直接の目的は運動機能の回復にありますが、日常生活活動(ADL)の改善をはかり、最終的には生活の質(QOL)の向上を目指します。様々な原因によって、立つ、歩くといった動作が不自由になると、一人でトイレに行く、お風呂に入るといったことが困難になり、日常生活に不便が生じます。理学療法士はそういった不便を見据え、病気や障害があっても住みなれた街で暮らしたいという一人一人のおもいに寄り添っていく職業です。

運動療法 
 理学療法士との歩行訓練や徒手療法以外にもこうしたエアロバイクを利用して、体力増進や下肢筋力向上をはかります。
物理療法    
 物理療法とは、温熱や電流などの物理エネルギーを利用した治療法です。写真では低周波治療器という電流を流して疼痛や筋緊張の緩和を図る機械を使用しています。
このページの先頭へ戻る