トップページへ 外来のご案内 入院のご案内 交通アクセス 駐車場
部署紹介リハビリテーション部>リハビリテーション
リハビリTOP
職 種
リハビリとは
理学療法
作業療法
言語聴覚療法
部 署
一般病棟
回復期リハ病棟
通所リハ
訪問リハ
その他
当院リハの取組み
リハビリPOST
Q&A
リクルート
就職希望の方へ
職員について
先輩からの声
Q&A(就職)
リハビリテーション
 リハビリテーションとは、病気や外傷によって身体的あるいは精神的な障害が起こった方に対して、残された能力を最大限に回復させ、また新たな能力を開発し、自立性を向上させ、積極的な生活への復帰を実現するために行われる一連の働きかけのことです。

 医療保険での
対象疾患は、脳内出血や脳梗塞などの脳血管疾患、大腿骨頸部骨折、脊椎圧迫骨折などの運動器疾患、慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器疾患、肺炎や外科手術後の廃用症候群など多岐にわたります。詳しくは以下をご覧下さい。
脳血管疾患等のリハビリテーション
  算定期間:発症・手術・急性増悪から180日
 対象疾患
急性発症した脳血管疾患
または その術後
急性発症した脳血管疾患またはその術後 脳梗塞・
脳出血・くも膜下出血・脳外傷・脳炎・脳症
急性発症した中枢神経疾患
または その術後
脳腫瘍・脊髄腫瘍・脳膿瘍 ・脊髄損傷・てんかん重積発作
神経疾患 多発性神経炎(ギランバレー症候群等)・末梢神経障害・多発性硬化症
慢性神経筋疾 パーキンソン病・脊髄小脳変性症・多発性筋炎・運動ニューロン疾患
高次脳機能障害 失語症・失認症・失行症等
難聴・人工内耳埋め込み術等
に伴う言語機能障害
聴覚機能障害・音声障害・言語機能障害・構音障害
外科手術・肺炎等の治療の
安静後
廃用症候群その他のリハビリを要する状態
運動器疾患のリハビリテーション
  算定期間:発症・手術・急性増悪から150日
 対象疾患
急性発症した運動器疾患   
またはその術後
体幹及び上下肢の外傷・骨折・切断・離断       
脊髄損傷による四肢麻痺(1肢以上)・運動器悪性腫瘍
慢性の運動器疾患 関節の変性疾患・関節の炎症性疾患・熱湯瘢痕による関節拘縮
運動器不安定症
呼吸器疾患のリハビリテーション
  算定期間:治療(リハビリ)開始から90日
 対象疾患
急性発症した呼吸器疾患 肺炎・無気肺
呼吸器疾患またはその術後 肺膿瘍・外傷(胸部・頬部)・肺梗塞・手術後(各種癌等)
慢性の呼吸器疾患 慢性閉塞性肺疾患・気管支喘息・気管支拡張症・間質性肺炎
塵肺・びまん性汎気管支炎・神経筋疾患
癌のリハビリテーション
  算定期間:制限なし
 対象疾患
1 食道がん、肺がん、縦隔腫瘍、胃がん、肝臓がん、胆嚢がん、膵臓がん又は大腸がんと診断され、当院入院中に閉鎖循環式麻酔により、がんの治療のための手術が行われる予定の患者または行われた患者
2 乳がんにより入院し、当院入院中にリンパ節廓清を伴う乳房切除術が行われる予定の患者または行われた患者で術後に肩関節の運動障害を起こす可能性のある患者
3 骨軟部腫瘍又はがんの骨転移に対して、当院入院中に患肢温存術もしくは切断術、創外固定もしくはピン固定などの固定術、化学療法又は放射線治療が行われる予定の患者又は行われた患者
4 在宅において緩和ケア主体で治療を行っている進行がん又は末期がんの患者であって、症状増悪のため一時的に入院加療を行っており、在宅復帰を目的としたリハビリテーションが必要な患者
このページの先頭へ戻る