トップページへ 外来のご案内 入院のご案内 交通アクセス 駐車場
部署紹介>リハビリテーション部
リハビリTOP
職 種
リハビリとは
理学療法
作業療法
言語聴覚療法
部 署
一般病棟
回復期リハ病棟
通所リハ
訪問リハ
その他
当院リハの取組み
リハビリPOST
Q&A
リクルート
就職希望の方へ
職員について
先輩からの声
Q&A(就職)
リハビリテーション部
ご注意:リハビリをご希望の方は必ず医師の診察をお受け下さい。
[ ニュース&トピックス ]
2017/11/01 リハビリPOSTを更新しました!
2013/06/20 HPをリニューアルしました!
2013/01/11 トップ写真変更しました!
皆様へのご挨拶
  現在日本は超高齢化社会を迎え、障害を抱えて介護を必要とされる方も増えつつあります。そのため高齢期において要介護状態をいかに予防していくか、また、要介護者の日常生活動作(ADL)能力をいかに向上させていくかが重要な課題となっております。
 そのような中でリハビリテーションが果たす役割は大きく、そして今後更に重要性が増してゆくと考えられます。

 私たち養生会リハビリテーション部はかしま病院発足当初より地域に根ざしたリハビリテーションを目指して活動してまいりました。
 活動内容としましては発症早期からの急性期リハビリを行い、その後必要に応じて回復期リハビリ、維持期リハビリと継ぎ目のないようにリハビリを行うというものですが、時代とともに変化する医療環境に対応して質の高いリハビリを提供するよう心がけてきました。
 現在これまでの実績が評価され、いわき地区の地域リハビリテーション広域支援センターの指定を受け、更なる躍進を目指しております。
 私たちの最大の目標としては、障害を持つ方が在宅復帰を果たし、再び輝く人生を取り戻し生きがいのある生活を送るというところにあり、そのために個々の障害に応じたきめの細かいリハビリを提供してまいります。

リハビリテーション部 部長
医 師 
 安斎勝行
リハビリテーションを受けられる方へのお願い

 リハビリテーションは日常生活動作の再獲得、社会復帰などを目標とし、筋力・関節運動の改善、体力向上、食べ物を食べること(噛む、飲み込む)や話すことなど多くの効果を期待して行われます。
しかし、これらの訓練の実施中には様々なアクシデントも起こりえます。問題が生じないように配慮してはいますが、起こりえる事は否定できません。
 これからリハビリを開始されるにあたり、<期待される効果><実施中に起こり得る不利益>についてご理解、ご同意を頂きたいと思います。

<期待される効果>
・ 筋力・関節運動の改善、体力向上
・ 言語能力の改善、摂食・嚥下能力の改善
・ 自助具、装具の工夫(日常生活、環境の工夫)による動作能力向上
・ 日常生活動作の改善、社会復帰への援助                 など

<実施中に起こり得る不利益>
・ 転倒、転落、打撲、その他の外傷
・ チューブ(点滴など)の外れ
・ 誤嚥(食べ物が気管に入る)、窒息
・ 体調の急激な変化、胸部痛や腹痛、関節痛や筋肉痛、
・ 気分不快、低血圧、低血糖症状、てんかん発作、心停止        など


 

このページの先頭へ戻る