トップページへ 外来のご案内 入院のご案内 交通アクセス 駐車場
部署紹介リハビリテーション部>言語聴覚療法
リハビリTOP
職 種
リハビリとは
理学療法
作業療法
言語聴覚療法
部 署
一般病棟
回復期リハ病棟
通所リハ
訪問リハ
その他
当院リハの取組み
リハビリPOST
Q&A
リクルート
就職希望の方へ
職員について
先輩からの声
Q&A(就職)
言語聴覚療法

 言語聴覚療法とは、コミュニケーションと食べることに対するリハビリテーションです。

 ことばによるコミュニケーションの問題には、ことばが出にくい、理解出来ないなど脳の中で言葉を処理することに障害が起こる「失語症」、ろれつが回りにくいなど唇や舌、喉の麻痺や失調などによる「構音障害」があります。私たちは、このような症状に併せて検査や訓練を行い、上手にコミュニケーションが図れるよう支援します。

 食べることの問題には、食事中むせることや飲み込みにくいなどの症状が起こる『摂食・嚥下(せっしょく・えんげ)障害』があります。私たちは、このような症状に併せて検査や訓練を行い、誤嚥性肺炎の予防や適切な食物形態の調節を行い安全な食事が出来るよう支援します。また、栄養管理(NST)や精密検査(※嚥下造影検査)、口腔ケアなど、さまざまな職種(医師、看護師、栄養士、介護士など)と連携して、摂食・嚥下障害に対するアプローチを行っています。

 
嚥下造影検査(VF)
レントゲン透視下で、造影剤入りの様々な模擬食品を患者様に食べていただき、飲みみの様子や安全な食物形態・飲み込み方を調べます。
口腔ケア
口腔ケア
口の中の衛生を保ち、誤嚥性肺炎の予防に取り組んでいます。
このページの先頭へ戻る