トップページへ 外来のご案内 入院のご案内 交通アクセス 駐車場
部署紹介看護部>研究実績
・看護部TOP

・各部署の紹介

・目標と教育について

・研究実績
・奨学金貸与制度

・働くママさんへ-
 -託児所バンビ-


・仕事と生活の調和
看護研究について
 当看護部では、看護実践力を「看護と対人関係」「分析的思考」「組織運営・リーダーシップ」「倫理・安全・経済」の四つの構成要素で考えております。
 この構成要素の中の「分析的思考」には、看護研究(クリティークと研究の実際)も含まれており、特に看護実践に役立つ看護研究を奨励しております。
 医学中央雑誌WEB版で、かしま病院の看護部関係を検索すると(2008年〜20012年の5年間)、約40題の研究論文がヒットできます。その他、日本看護協会による日本看護学学会や県学会への発表、さらには各種学会などにも多数の研究を発表しております。このように研究を通しながら、理論的裏づけを持った、質の高い実践能力を有する看護師の育成を行っております。
 看護研究に関しましては、看護研究指導担当が、研究計画から学会発表・論文作成まで丁寧な指導を行っております。
看護学会 論文発表
論文
 
月日
演題名
発表
区分
学会・論文名
1
2013. 回復期リハビリテーション病棟における入院時と退院決定時の患者の不安
―家族の関わりとの関連から―
原著
論文
第43回日本看護学会論文集
成人看護U
2
2013. 外来における患者満足度調査
―タイムスタディ調査との比較から―
原著
論文
第43回日本看護学会論文集
看護管理
3
2013
1.
東日本大震災時の病棟看護職の避難状況とその想い
―原子力発電所事故を含む重複災害での看護職者の行動から―
原著
論文
第43回日本看護学会論文集
看護総合
4
2012.
3.22
患者からの暴言・暴力行為を受けた状況と受け止めかた
―看護者の気持ちと対処のしかたの変化―
原著
論文
第42回日本看護学会論文集
看護総合
5
2011.
5.16
A病院における看護職者の職務満足度調査
―管理システムと人間関係からの分析を主にして―
原著
論文
第41回日本看護学会論文集
看護管理
6
2011.
3.7
排泄の自立を失った状態からの回復過程と気持ちの変化
―脳血管疾患患者の体験から排泄の援助を考える―
原著
論文
第41回日本看護学会論文集
成人看護U
7
2011.
3.7
脳血管障害患者の排泄への援助
―スタッフアンケート調査からの 排泄チェック表改善効果―
原著
論文
第41回日本看護学会論文集
成人看護U
発表
 
月日
演題名
発表
区分
学会・論文名
1
2013
12.25
身体拘束に対する現状と看護職の想いの調査
−急性期病棟と療養病棟・ 回復期リハビリテーション病棟での違い−
口演
福島県看護学会
2
2013
10.9
新人教育に関わる看護職が感じる問題点
―A病院卒後臨床研修の調査から―
口演
第44回日本看護学会
看護教育
看護総合
3
2013
10.3
人工呼吸器を装着する患者の入浴援助に対する不安の調査
口演
第44回日本看護学会
成人看護U
4
2012.
11.6
脳血管疾患患者とその家族の不安調査
―回復期リハビリテーション病棟における 入退院時までの不安推移―
口演
第43回日本看護学会
成人看護U
5
2012.
10.3
外来における患者満足度調査
−タイムスタディ調査との比較から−
口演
第43回日本看護学会
看護管理
6
2012.
9.27
血液透析患者の東日本大震災時におけるカリウム値の変化
−災害を通して学べるもの−
口演
福島県看護学会
7
2012.
8.24
東日本大震災時の病棟看護職の避難状況とその想い
−原子力発電所事故を含む重複災害での看護職者の行動から−
口演
第43回日本看護学会
看護総合
8
2011.
10.19
療養病棟における家族ヘルスケアニードの援助向上をめざして
―患者家族との関わりについての調査―
口演
福島県看護学会
9
2011.
10.19
一般病棟における精神症状の強い患者への援助
―看護職の対応状況とイメージ・心情の調査―
口演
福島県看護学会
10
2011.
10.19
一般病棟においての緩和ケアの現状
―看護師へのアンケート結果から明らかになった今後の課題―
口演
福島県看護学会
11
2011.
9.17
脳血管疾患患者の入院経過における不安の変化
−回復期リハビリテーション患者と担当看護師が感じた患者不安の比較−
示説
第42回日本看護学会
成人看護T・U合同
12
2011.
9.9
患者からの暴言・暴力行為を受けた状況と受け止めかた
ー看護者の気持ちと対処のしかたの変化ー
口演
第42回日本看護学会
看護総合

 

このページの先頭へ戻る