トップページへ 外来のご案内 入院のご案内 交通アクセス 駐車場
部署紹介看護部>各部署の紹介
・看護部TOP

・各部署の紹介

・目標と教育について

・研究実績
・奨学金貸与制度

・働くママさんへ-
 -託児所バンビ-


・仕事と生活の調和
・一般病棟(急性期)   ・地域包括ケア病棟 ・回復期リハビリテーション病棟  ・療養病棟 ・外来  
・手術室 ・透析センター  ・通所リハビリテーション  ・訪問看護ステーション  ・訪問診療課
 ■一般病棟(急性期)
  治療が優先される生命の維持管理、救命や苦痛の緩和、合併症の予防に努め、早期に社会復帰をはかる病棟です。
 入院目的は各々異なりますが、手術や数々の検査、点滴などを行っているため、所属するスタッフも多く、活気ある病棟です。入院されて不安や戸惑い等を少しでも軽くできるよう、看護師、介護福祉士ともに快適な環境づくりを提供いたします。 

東2病棟
 
西2病
 ■地域包括ケア病棟
 急性期での入院治療が終了して病状が安定しても、すぐに在宅や施設 に移行するのには不安のある患者様に対して、在宅や介護施設への復帰に向けた医療やリハビリテーション、在宅復帰支援を行う病棟です。
 
 ■回復期リハビリテーション病棟
 脳血管疾患または大腿骨頸部骨折などの患者様に対して、食事、更衣、排泄、移動、会話などの日常生活動作能力の向上による寝たきりの防止と家庭復帰、職場復帰(社会復帰)を目的としてリハビリテーションを集中的に行う病棟です。
 ■療養病棟
 症状は安定していますが家庭や施設に戻るには未だ不安が残る。そのような患者様に対して看護、介護、リハビリテーションを行い自立した生活が送れるように支援する病棟です。
 話す、視る、聴く、触れることを日々の中に活かし、皆さんとそのご家族とのふれあいを大切にしています。
 
 ■外来
 外来通院されている患者様やご家族の方は不安や緊張を抱えながら来院されていると思います。
 私たち看護部では、そのような患者様のお役に立ちたいと考えております。外来受付フロアには看護師も配置しています。例えば、患者様がどこを受信したらよいのか、病状に関する相談等にも対応しています。
 ■手術室
 病気は、患者様や家族の皆様の日常生活を大きく変えるばかりでなく、様々な不安と恐怖に陥れがちです。特に手術となると一層不安は募ります。
 手術を受ける患者様に対して、円滑かつ安全、安楽に手術が受けられるように周手術期(術前・術中・術後)を通して看護を行います。看護師は、手術前に患者様を訪問しパンフレット等を使いながら、手術の体位や麻酔、そして、患者様の希望をお聞きして安心して手術を受けて頂けるよう支援しています。
 ■透析センター
 病気透析ベッド数50床、最大収容人数125名の透析専門施設です。高齢者の方に対するQOL(生活の質)の向上と、ご家族の方に対する介護の負担を少しでも軽減するために、腎不全介護支援室を設置して治療・看護・介護の連携を図り、効率の良い在宅支援を行っています。
透析医療は毎年高齢化が進み、合併症を有する要介護の方が増えています。こうした方々に的確に対応するためには治療は勿論ですが、同時に看護、介護と連携して支援することが重要です。
 また、ご家族の介護負担を軽減するために、必要に応じて訪問診療、訪問看護、訪問介護を提供し、在宅支援の充実を図ってきました。在宅が困難な方に対しては適切な対応を心がけ、どのような病態、介護環境でも安心して腎不全医療が受けられるよう、地域医療の発展と構築に努めています。
 ■通所リハビリテーション
 通所リハビリテーションでは、利用者様の健康管理及び身のまわりの援助を行いながら、リハビリテーションができる環境づくりを目指しています。
 ■訪問看護ステーション
 訪問看護は様々な病気によって看護・リハビリテーションが必要な方が自宅で安心して生活できることを目的とした制度です。かしま訪問看護ステーションは、かかりつけ医師の指示のもとで、看護師、理学療法士、作業療法士が状況にあわせて定期的に訪問し、看護及びリハビリテーションをさせて頂きます。
 医師が訪問看護又は訪問リハビリテーションを必要と認めた方であれば、病気及び障害の種類または程度、年齢の制限はありません。「家で暮らしたい。家にいたい。」と望まれる方であれば、どなたでも精一杯の看護及びリハビリテーションをさせて頂きます。
 まずは、お気軽にご相談ください。
 ■訪問診療課
 通院が困難な患者様ができる限り住み慣れた家庭や地域で、安心・安全な生活を送ることができるよう訪問診療をしています。
 また、24時間の窓口として、他のサービス事業所と連携を図りながら医師を中心に療養生活を支援しています。
このページの先頭へ戻る