トップページへ 外来のご案内 入院のご案内 交通アクセス 駐車場
地域包括ケア病棟
かしま病院では現在、西3病棟(40床)を地域包括ケア病棟として運用していますが、
平成29年10月より新たに西2病棟(53床)を『地域包括ケア病棟』といたしました。
「地域包括ケア病棟」って!?
  • 一般急性期病棟や孝司救急病院での治療が終了した患者さんで、すぐに在宅や施設へ移行することに不安のある患者さんに対して復帰に向けた医療やリハビリテーション、復帰支援を行う病棟です。
    短期入院となる手術や、検査での入院、在宅介護中や施設からの緊急時の対応も含めて直接受入れも行います。

  • 患者さんやご家族と共に医師や看護師、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカー、その他スタッフが協力して在宅復帰に向けた支援をいたします。

  • 入院費は定額の病棟です。リハビリテーション料・投薬料・注射料・簡単な処置料・検査料・入院基本料・画像診断料が含まれています。

  • ただし、投薬の一部・処置の一部・手術・麻酔・在宅医療・食事等の費用が別にかかります。
どんな人が入院するの?
  • 入院治療により急性期治療は終了したが、当院にてもう少し経過観察が必要な方。
  • 入院治療により病状が安定し、在宅復帰に向けてリハビリテーションが必要な方。
  • 在宅での生活にあたり施設入所や介護サービスの調整が必要な方。
  • 在宅介護中や施設に入所中の方で急な状態悪化等で入院が必要になった方。
お願い
  • 地域包括ケア病棟へ直接入院となるか、あるいは一般病棟からの転床となるかは主治医が判断し、患者さんやご家族の方へ提案いたします。
  • 急性期病棟のような手術、高額な医薬品の使用、特殊な検査には対応は出来ません。
  • 病状の変化のため主治医の判断で、急性期病棟にお部屋を変更いただく場合がありますのでご了承下さい。
  • 病状に応じて主治医が調整しますが、60日以内の退院が原則です。
問い合わせ先
  かしま病院地域医療連携室   電話 0246-76-0350

このページの先頭へ戻る
戻る