トップページへ 外来のご案内 入院のご案内 交通アクセス 駐車場
睡眠時無呼吸症候群
クローズアップ > 睡眠時無呼吸症候群
当院では睡眠時無呼吸症候群の検査と治療を行っています
Q1
 睡眠時無呼吸症候群ってどんな病気ですか?
Q2
 どのような検査が必要ですか?
Q3
 どのような治療が必要ですか?
Q4
 治療しないと、どうなりますか?
Q5
 受診したいのですが、どうすればよいですか?
Q6
 検査・治療は、保険が使えますか?
 ■Q1:睡眠時無呼吸症候群ってどんな病気ですか?
 睡眠中に大きないびきをかき、呼吸が止まるといった特徴があります。
しかし寝ている間のことなので、本人は気づかず過ごしてしまいがちです。
主な原因は、上気道の閉塞で、胸、腹は呼吸しようと努力をしても、上気道がふさがって呼吸ができない状態になります。実際には、いびきが10秒以上(時には1分位)なくなり再び激しいいびきが出現し、この繰り返しが見られます。
 睡眠時無呼吸症候群の症状は、次のようなものがあります。
   1)起床時の口や喉の乾燥、あるいは頭痛
   2)熟眠感がない
   3)日中の強い眠気、居眠り
   4)睡眠中の中途覚醒(苦しくて目が覚める)
   5)疲労感や集中力の低下

大きないびきをかく、日中の眠気、起床時の頭痛やだるさといった症状でお困りの方、また以下のセルフチェックを行ってみて、合計点数が11点以上の場合、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
その場合は、是非”クリニックかしま”にて受診されることをお勧めします。
ESS眠気度チェック
 睡眠時無呼吸症候群の定義としては、無呼吸(10秒以上の呼吸停止)、低呼吸(正常安静呼吸の50%が10秒以上)が1時間に5回以上ある場合、または1晩に30回以上ある場合をさします。
 無呼吸・低呼吸が1時間に何回起こるかを表したものをAHI(無呼吸・低呼吸指数)といいますが、この値により重症度を次のように分類します。
       軽度  :AHI=5〜15
       中等度:AHI=15〜30
       重度  :AHI=30〜45
       最重度:AHI=45〜100+
治療の対象になるのは、中等度以上の方です。
このページの先頭へ戻る
 ■Q2:どのような検査が必要ですか?
簡易検査(スリープテスト)
 まず、簡易検査であるスリープテストを行います。
腕時計型の小型の装置で、手首に装置本体、指に血中酸素飽和度を測るセンサー、鼻にいびきや無呼吸・低呼吸を調べるセンサーを取り付けます。
 夜寝る前にご自分で装着して頂きますので、検査室で装置の貸し出しと、取り付け方の説明を行います。
写真:スリープテスト用装置
精密検査(PSG:終夜睡眠ポリグラフィ)
 簡易検査(スリープテスト)で異常が見られた場合には、精密検査であるPSG(終夜睡眠ポリグラフィ)を行います。一晩病院に泊まって頂き睡眠中に検査を行います。
 この検査は、寝ている間の呼吸の状態や、睡眠の質・深さを調べるため、体に様々なセンサーを取り付けます。
PSG検査図
検査部位
検査項目
 脳波記録
目の周り
 眼球運動記録
あご
 筋電図
 鼻、口の呼吸の記録
のど
 いびき音の記録
 血中酸素飽和度
胸・腹
 心電図、胸の動きの記録、腹の動きの記録
 体位の記録
 筋電図
このページの先頭へ戻る
 ■Q3:どのような治療が必要ですか?
 経鼻的持続陽圧呼吸療法治療(CPAP:シーパップ)が、中等症以上の症例治療の第一選択となっております。この治療法は、何らかの原因で発生する気道閉塞に対して行う対処療法のひとつで、鼻マスクを利用して空気を送り込み、圧力をかけ、気道を閉じないようにするものです。睡眠時無呼吸症候群の原因に対する根本的な治療ではありませんが、現在では最も有効な治療法と考えられています。
このページの先頭へ戻る
 ■Q4:治療しないとどうなりますか?
 呼吸が止まることにより低酸素血症(血液中の酸素が通常より低くなる)になり、心臓や脳に悪影響を及ぼし、高血圧・心血管疾患(不整脈・狭心症・心筋梗塞・心不全)・脳血管疾患(脳梗塞・脳出血)などの病気の発症や悪化の原因となります。
 また、眠りの質が損なわれ、日中の眠気などのために仕事に支障をきたしたり、居眠りによる事故の発生率を高めたりします。
このページの先頭へ戻る
 ■Q5:受診したいのですが、どうすればよいですか?
 まずは、クリニックかしま(内科)を受診して下さい。>>>クリニックかしま内科診療案内

 当院では、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査を、予約制で行っております。
簡易型のスリープテストは、月曜から金曜まで行っており、ここでSASの疑いがある場合には、精密検査である終夜睡眠ポリグラフィ(PSG)検査を行います。
PSGは、毎週火曜と木曜に1泊2日で行っています。
睡眠中の検査ですので、19時までに来院していただき、翌朝7:30分までには退院可能です。
このページの先頭へ戻る
 ■Q6:検査、治療は保険が使えますか?
 睡眠時無呼吸症候群の検査、およびCPAP療法(睡眠時無呼吸症候群と診断された場合)共に
保険適応になります。
このページの先頭へ戻る
戻る